ヒップアップしたいならフライビシット!

ヒップアップにもフライビシットが有効?

憧れ

女性なら誰もが憧れるクイっと上がったお尻


でも後ろから自分を確認する機会ってなかなかないから、意外と自分がどんなお尻をしているのか認識していない方も多いのかもしれません。


しかし、実際に知らない人の後姿を見て、スリムなパンツスタイルなのにお尻が重力に負けていたりすると本当に無理しているな〜なんて思って残念な気持ちになってしまいませんか?


それと同じように、自分のお尻だってたるんでしまった状態になってしまっているかもしれません。


特に女性の場合はお尻の周りに脂肪が付きやすい傾向にあります。


筋肉量が少ないこともありますが、やっぱり赤ちゃんをお腹の中で守るためには脂肪というクッションが必要ですからね。しかし、付きやすいがために意識をしていないとすぐに後ろ姿ブスになってしまいます。


では、引き締まったお尻のために何をすればいいのか?というと、すぐに浮かぶのがダイエットですよね。


もちろん、無駄な脂肪を落とすうえでダイエットも必要なんですが、それ以上に正しい位置に筋肉を付けることが大切です。


そのためには筋トレをする・・・のでは無くて、骨格を正しい位置にしてあげることが大事なんです。


特に下半身ついては、ゆがんだり広がったりした骨格を元に戻すこと、そして偏っていた筋肉の使い方を正すことが大事になってくるので、骨盤矯正をすることによってヒップアップ効果が期待できるのです。


理想のお尻になるために

ヒップライン

美しいヒップラインは、たるみが無く引き締まっていながらも、程よいボリュームとスポーツ選手のように上にグッと上がった状態であることが大切です。


つまり、ヒップアップといってもお尻全体が大きいことが美しいのではなくて、左右にキュッと引き締まっていて上にもクイッと上がっているラインが理想ですね。


そうなると、筋肉を付けて引き締めることも必要ですが、同時に骨盤そのものが広がっていたりゆがんだりしていてはいけないわけです。ベースのラインが崩れてしまいますからね。


例えば、出産経験のある女性のお尻は、経験の無い女性に比べて大きいのは経験的になんとなくイメージできると思います。


これは出産によって骨盤が広がってしまったことで、単純にお尻が大きく見えるわけですね。これでは単純に大きく見えるだけで美しくはありません。


また、骨盤が歪んでいる場合、例えば骨盤後傾(こつばんこうけい)と言われるような骨盤が後ろに倒れた状態(下腹部を前に突き出したような形)になると、どうしてもヒップラインが下がってしまうので、実際よりも垂れて見えてしまいます。


また、骨盤が傾いていることによってお尻の筋肉のバランスが崩れてしまいます。


実際にやってみるわかるのですが、アヒルのようにお尻を突き出して歩いてみると、お尻が上がっているように見えるのですが、実際にはヒップ周辺の筋肉が全然使われない状態になります。逆にお腹を前に突き出すとヒップ周りの筋肉を使えるようになるのです。


このように、骨盤が傾くことによって本来使うべき筋肉が使われなくなったりして、脂肪が付きやすくなったり、筋肉が無くなることで垂れやすいお尻になってしまうのです。


また、骨盤が歪むことによって太ももが外側に張り出してしまうと、脂肪の量は同じであってもお尻周りが大きく見えてしまいますね。


これはまさに美尻とは真逆の状態で、外側に張り出して大きく見えるお尻に、うまく筋肉を使えないことによって脂肪がついた状態になってしまうのです。考えただけで絶対になりたくないですね。


そこで、フライビシットのような骨盤矯正ショーツを身に着けることによって、まずは普段の姿勢が正されることでヒップの筋肉をしっかりと使える状態になり、長期的には骨盤の位置が正されることによってキレイなヒップラインを作ることができるわけです。


さらにサポーターとしての効果もあるので、今はたるんだ状態でも穿いた瞬間からお尻の位置をクイっと上げてくれるので、一時的な効果にすぎませんがガードルのような役割としても使うことができます。


以上をまとめると、短期的にはお尻を持ち上げる体型補正効果と姿勢を正すことによって正しく筋肉を使えるようになってヒップラインを整え、長期的には骨盤の開きを修正してベースラインを綺麗にしつつ、太ももなどのゆがみも矯正することが期待できるため、すぐに美尻効果を得たいという人から長期に渡って美しいヒップラインを手に入れたい人にもフライビシットのような骨盤矯正ショーツがオススメなのです。


(TOPページ)
大人気の骨盤矯正ショーツ フライビシット