太ももが太いのは骨盤前傾が原因?

太ももが太いのは骨盤が原因?

太腿

太ももが太くて悩んでいる方は多いと思いますが、腰から下、膝より上が太くなるというのは特に女性に多い太り方ではないかと思います。


ダイエットなどを頑張ってもなぜか太ももやお尻は全く痩せることがなく、上半身ばかりが細くなってしまうという方は結構多いですよね。


こんな風に下半身の太さを気にしている方の中でも、太ももが固く張っているタイプの方は骨盤のゆがみが原因で太ももやお尻周りが太くなってしまっている可能性があります


特徴としては、太ももの前側は筋肉が発達しているために結構かっちりとした感じになるのに、太ももの後ろ側からお尻にかけては脂肪が多く、セルライトなどもできてしまっている場合には骨盤が原因となっている可能性が高いです。


骨盤前傾が足を太くする

骨盤前傾

最近では骨盤矯正という言葉自体はごく一般的になってきていますが、骨盤前傾(こつばんぜんけい)という言葉を聞いたことはありますか?


まあ、読んで字のごとくなんですけど、骨盤が前側へ傾いてしまうことなんです。


ちょうど骨盤がお辞儀をしているような状態で、骨盤の上側が前方に倒れているような形にゆがんでしまっている状態です。


画像の右側の人のように、お腹を突き出したような恰好で、体の重心が全体的に前側に傾いていることがわかりますね。


このような状態になるのは、どちらかというと女性に多く見られます。


自分でチェックする方法としては、壁にかかととお尻を付けた状態で腰と壁の間に拳がすんなり入るかどうかを確認すればわかります。


すんなりと入るようでしたら、骨盤が前傾して、腰が反ってしまっているということです。


骨盤が前に傾けば、なんだかお尻がグッと上がってボディラインがキレイ見えると思うかもしれませんが、一般的には、腰が反ることによって、お尻と腰の段差が大きくなるためにかなりお尻が出っ張って見えます。


つまり、必要以上にお尻が大きく見えてしまうのです。


さらに、画像を見るとイメージしやすいと思うのですが、骨盤が前側に傾くことで体全体が前側に傾いていますよね。


このように前方に重心が傾いた姿勢になると、当たり前ですが足の前側の筋肉が主に使われるようになってしまいます。


そして、その反面、太もものお尻側の筋肉に関してはさぼりがちになるために、前側は筋肉が発達して固くなり、後ろ側は筋肉を使わないために、脂肪やセルライトが付きやすく、お尻から太ももまでを必要以上に太くしてしまうのです。


さらに厄介なのは、そもそもの姿勢が傾いていることから筋肉の使い方に偏りがあるため、いくら運動をしても一部の筋肉が発達しやすくなったり、うまく使えていない部位については脂肪付きやすかったりして理想とするボディラインになりにくいという状態になりがちなのです。



足の骨が外側に開くことも問題

太ももの骨

骨盤の影響で太ももが太くなる理由としては筋肉が発達するだけでなく、足の骨全体が外側に開いてしまうということもあるのです。


骨盤が傾くと、太ももの付け根の位置が多少下がってしまいます。


そうすると、足に無理な力がかかるため、徐々に外側に開くような形になってしまうのです。


それによって太ももの一番外側の骨(お尻の窪みの下あたり)が横に広がるため、脂肪が付いたりしていないにも関わらず太ももの幅が広くなってしまうのです。


このような理由から、太ももが太いのに運動しても全然改善されなくて困っているという方は、まずは適切な筋肉の使い方になるように骨盤をしっかりと矯正して、太ももにかかる負荷のバランスを整えてあげることを試してみるといいと思います。