骨盤のゆがみと便秘

辛い便秘をどうにかしたい!

便秘

毎朝すっきりできたらどれだけ幸せだろう・・・


そんな理想を考えながら毎日お腹が張っている状態のまますっきりしない気持ちを抱え続けている女性は多いと思います。


毎日ちゃんとヨーグルトを食べて、運動も定期的に行っているのにどうして便秘になってしまうのかわからないと悩む女性はとても多いと思いますが、実は骨盤のゆがみや傾きが原因で便秘になっている可能性があります


では、どうして骨盤の影響で便秘になってしまうのかを知って必要な対策ができるように、しっかりとメカニズムを理解しておきましょう。


骨盤と便秘の関係は?

腸

便秘って腸の働きの問題なのにどうして骨盤が関係するの?と思いますよね。


でも、単純に考えれば、腸を支えているいるのって骨盤なので、なんとなく影響があるのはイメージできますよね。


よって、骨盤が傾いたり広がったりすることで、腸が本来の位置から動いたり、傾いたりしてしまうわけです。


そうなってしまうと、腸が圧迫された状態になるために、当然排便がしにくくなって便秘になってしまうわけです。


しかも、便秘になってしまうとお腹がポッコリしてしまって太って見えるだけでなく、腸内に便が残り続けると大腸菌などの悪玉菌が増えて腸内環境が悪化します。


腸というのは免疫細胞の約6割が存在すると言われるほど重要な器官ですので、様々な体調不良を招いてしまいます。


さらに、便が腸内に居座り続けることで、本来は排泄されるべきものなのに再吸収されてしまうため不要なエネルギーまで体に溜めこんでしまうことになり、太りやすくなることも考えられます。


また、腸内で発生したガスなども排出しきれなくなった結果、行き場を失って血液中に取り込まれて体内を巡るようになってしまうため、肌トラブルなども招いてしまうと言われているのです。


よって、骨盤が傾いて内蔵を圧迫することで、ボディラインは崩れるし、肌トラブルも起こりやすくなるわけで、女性にとっては本当に嫌な事ばかりなのです。


姿勢が悪いだけでも便秘に

便秘解消

これは私が実際に経験したことがあるのですが、骨盤がゆがむ以前に姿勢が悪いだけでも便秘になってしまったことがあります。


そのときは、椅子に座って簡単な作業をするという仕事をパートでやっていたのですが、仕事内容はそれほどの重労働ではないものの、体勢が少しだけ前屈みの状態で作業をしなければならなかったのです。


つまり、腸のあたりが圧迫されるような体勢を取り続けていたわけです。


それまでは私は女性では珍しくかなり快便な方だったのですが、その仕事を始めてからというもの、すっかり便秘になってしまいました。


おそらく、腸を圧迫し続けたことによって働きが悪くなってしまっていたのだと思います。


初めは何が便秘の原因なのかわからなかったのですが、骨盤について知るうちに腸の圧迫が原因だったんじゃないかと思うようになりました。


もし、骨盤が広がったりゆがんだりしてしまうと、私のように悪い姿勢をとっていなくも腸などの臓器が窮屈な状態になってしまっているわけなので、便秘になるのも無理はないと思いました。


便秘って改善策がなかなか見つけにくいので放置しがちですが、さきほども言った通り女性にとっては体重の増加、お腹の出っ張り、肌荒れなど美しくなることとは真逆の方向になってしまうのです。


よって、いろいろと努力をしてみたけど一向に便秘が改善する気配がないという方だけでなく、お腹の張りや肌荒れに困っている方も一度骨盤矯正を試してみることをおすすめします。


また、便秘とともに下っ腹が体重の増加以上に出っ張っているという意識のある方は、もしかしたら骨盤の開きなどの影響で腸が下がってしまっている可能性があるので、是非試してみてほしいと思います。


このページの後によく読まれている記事

(TOPページ)
大人気の骨盤矯正ショーツ フライビシット