産後にもフライビシットはオススメ!

出産後は骨盤を元に戻す努力をしましょう!

産後は骨盤矯正が大切

出産後に骨盤を元の形に戻すために骨盤矯正ショーツやベルトを試してみようと思う方は多いのではないでしょうか?


出産してすぐには気づきにくいのですが、出産して1〜2年経って体重が元に戻ったのに前に着ていた服が入らない!なんてことになってから骨盤が広がっていることに気づく方もいるのです。


当たり前ですが、出産をする際に骨盤は赤ちゃんの通り道になるので誰でも広がってしまいます。もちろん徐々に元の状態に戻ろうとして、おおよそ数ヶ月以上かけて修正されると言われています。


しかし、数ヶ月経てば骨盤がもとに戻るといっても、その間にはもちろん子育てをするためにどうしても体を酷使しなければなりません。


そうなると、体が元に戻る途中の段階なのに、骨盤をゆがませてしまうような姿勢を取り続けてしまったり、産後疲れやすいために横になることが多かったりするために、骨盤が元通りにならず歪みを残したまま骨盤が閉じてしまうことがあるのです。


実際に経験するまでリアルに想像するのは難しいと思いますが、産後数週間して赤ちゃんを抱っこして少し動くだけでも大変です。授乳だって長い時は20〜30分くらいかけて本当に少しずつ飲み続けるので、ゆがんだ体でやってたらより悪化してしまうのも無理はないと思います。


そうなってしまうと、お尻が大きくなった状態のままということになってしまうわけです。


産後に着用した効果

産後の効果

実際に私理学療法士さんに相談して、出産して数日後には骨盤矯正効果のあるフライビシットを購入して着けていました。


やっぱりいくら入院中といっても、見た目もカワイイものがいいですからね。


そのおかげで、出産後に体重が戻った時には元々着ていた服も無事に入りました。


友達は1人目を出産したときは何となく矯正ベルトのようなものを使っていたようで特に問題なく過ごしていたようですが、2人目出産の時にはすっかり忘れていたようで特に骨盤をケアせずにいたところ、腰痛と体調不良に苦しんだそうです。


そのときに友達が助産師さんに相談したところ、やはり産後すぐに骨盤を締めないと体型は崩れるし内蔵も下がってしまうことで体調不良を訴える方が多いそうです。


骨盤が開くことによって今までなかった隙間ができてしまうわけですから、そこに子宮や大腸といった臓器が入り込もうとして全体的に下がってきてしまうんですね。


そうすると、お腹がぽっこりとでてしまってウエストが太くなるだけでなく、臓器の働きも悪くなるために便秘や痩せにくい体質になってしまうのです。


出産後はとてもバタバタして忙しいし、なかなか準備が難しいので妊娠中の早い段階で助産師さんなどに相談して簡単に身に着けられるものを準備しておくとよいでしょう。


(TOPページ)
大人気の骨盤矯正ショーツ フライビシット