ウエストを細くしたい方も効果あり!

ポッコリお腹が気になる方も試してみて!

ぽっこりお腹

ある程度の年齢になると、男性だけでなく女性もお腹周りが気になってきますよね。


そうすると、多くの方がいきなりダイエットをしたりするのですが、体重がそれなりに減っても、全身が痩せているためにお腹周りだけで見るとそれほど変わらなかったりしますよね?


そんな失敗経験をお持ちの方は、骨盤矯正ショーツを穿き続けることでポッコリと出っ張ってしまったウエストを細くする効果が期待できます。


では骨盤とウエストにはどんな関係ががあるのでしょうか?


お腹がぽっこりと出っ張ってしまう理由は主に2つあり、1つは脂肪の付きすぎ、もう1つは内蔵が下がってしまうことによるものです。


ウエストが太くなると単純に脂肪がついてしまったと思いがちですが、それだけではなくいわゆる内蔵下垂と呼ばれる現象によってもお腹が出てウエストが太くなってしまうことがあるのです。


この2つの理由の両方に骨盤のゆがみが関係しているため、しっかりと矯正することでウエストを細くすることができるのです。


特に内蔵下垂の場合は、単純に食事制限をしても効果が得られませんが、骨盤矯正による効果が比較的大きいです。


骨盤矯正によりウエストが細くなる理由は?

ウエストスッキリ

まずお腹周りが気になるという方で、身体全体はそれほど太っていないにも関わらずお腹だけが出ているいわゆる”おじさん体型”になってしまっている方は特に骨盤の歪みを疑うべきだと思います。


なぜなら、骨盤がゆがむと上半身を支えている背骨にもゆがみが生じ、本来腹筋と背筋をバランスよく使うべき時に背筋だけを使うような悪い姿勢になってしまっている可能性があるからです。


それでは、姿勢が悪くなってしまったときに、筋肉にどのような使い方の差がでるのか、具体的に見てみましょう。


背すじが伸びていて正しい姿勢の状態を考えてみましょう

真っ直ぐ背すじを伸ばした状態が一番バランスのとれた状態なのですが、体が前に倒れた場合は背筋を使って後ろに戻しますね。逆に、体が後ろに反るように倒れた場合は腹筋を使って体を前に起こすわけです。


このように、普通の姿勢を保つために背筋と腹筋をバランスよく使っているのです。


このようにバランスよく筋力を使えているということが、正しい姿勢を取ることのポイントになります。

お年寄りのように背中が曲がってしまった状態を想像してみましょう

平常時に体が前に倒れているので、まっすぐ背すじを伸ばした状態に戻すだけでも背筋力が必要です。よって、うまく歩こうとするだけでもかなり背筋を使いますね。しかし、反対に腹筋はほとんど使われることがありません


こううなってしまうと、背筋を使うのとは反対に腹筋を使わない状態になるため、ウエストに脂肪がつきやすくなります


骨盤の傾きによって背骨まで歪んで曲がってしまうと、このように筋肉の使い方に微妙に偏りが生じるようになってしまうわけです。


そのため、日々のちょっとした筋肉の使い方の偏りであっても、毎日サボり続けている部分はどうしても筋力が衰えてたるみ、脂肪が付きやすいくなってしまうのです。


さらに、腹筋には内蔵を支える効果もありますので、腹筋が弱ってくると内蔵が下がってきてしまうことによりお腹がぽっこりと出っ張ってしまうのです。


また背骨がゆがんでいる場合は、体が前に倒れる猫背のようなボディラインになってしまうこともあり、ウエストどうこう以前にお世辞にも美しい形ではありません。


ウエストを細くするために一生懸命に腹筋運動をすることも必要ですが、まずは身体を正しい姿勢にすることでしっかりと正しい筋肉の使い方を取り戻すこと、そして体の大きな歪みを取り除くことを忘れてはいけません。


(TOPページ)
大人気の骨盤矯正ショーツ フライビシット